ニチアサログ

主にニチアサについて書いていこうと思います。現在暫定運用です。

ダルイゼンVSキュアグレース~ヒープリ41話ラストについて~

お久しぶりです。なかつです。ツイッターはこちら。フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

 

さて本日1/24(日)、「ヒーリングっど❤プリキュア」の第41話が放送されました。そのラスト、キングビョーゲンから追われる身となったダルイゼンは花寺のどかを見つけ「オレを助けてくれ」と申し出るシーンがありました。

今回はそのシーンについて思うところをまとめていきたいと思います。

例のラストパートでは、ダルイゼンがキュアグレースに申し出ます。「助けてくれ」「オレがオレでなくなる」と。でもその申し出はあまりにも自分本位で、自分の都合でしかないものでした。ダルイゼンは得をするが、他の誰も得をしない、あまりにも身勝手な提案。キュアグレースは捕まれた手を振り払い逃げ出します。逃げるキュアグレースに「お前、俺に言ったよな、『自分さえよければいいのかって』お前も同じじゃん!」という言葉を浴びせかけます。

そもそもダルイゼンって、常に余裕綽々な態度を崩さないキャラクターだったんです。自分の目的さえ達成できれば、他の事柄に対しては全くの無関心で、それゆえに余裕も崩れない。ダルイゼンの目的は、自分が快適に暮らせる世界にすること。それさえ叶えばだれが権力を握ろうが、弟分が消えようがどうなろうが、全くお構いなしでした。そんなダルイゼンが今回初めてその態度を崩し、焦りと恐怖を表現しました。その理由はキングビョーゲンがグアイワルを取り込み、自分も取り込もうとしたからです。「我と一つにならぬか」それはダルイゼンとしての自我を失うことを意味します。ある意味、死と言えます。それを嫌ってダルイゼンは逃げ出したのでした。つまり、ダルイゼンって死にたくないんですね。宿敵プリキュアに助けを乞うほどに、生きることにとらわれているんです。

一方花寺のどかはかつての病気の経験から、生きるということに喜びを見出す人間です。そして「今までいろんな人に助けてもらった分、今度は自分がたくさんの人を助けたい」と思っています。いままでもそうでした。困っている人が居たら絶対に放っておかない。だから普段は、目の前に死にそうな人が居たら絶対に放っておくことなんてしないし、すぐに助けるはずなんです。

しかし目の前にいるのは長い間自分を苦しめ続け、今は多くの人たちを苦しめる宿敵です。「貴方を助けるわけにはいかない」と言ってとどめを刺すも、放置して立ち去るもできただろうと思います。逆に普段の自分の通り申し出を受け入れて助けることもできたと思います。それをせずに逃げ出してしまったということは、目の前のダルイゼンをどう見ればよいかわからなくなったということなのではないでしょうか。多くの命を苦しめる脅威とみるか、消えそうな一つの生命とみるか、どちらなんだろう。きっとどちらも事実なんでしょう。でも今は混乱している中で助けないことを選んでしまった。ダルイゼンの手を振り払うんですね。そしてキュアグレースは「お前も同じじゃん」と言われた瞬間目を伏せます。かつて自分が批判した、「自分さえよければいい」と思っている人間の一人だと、認めたくないのに認めてしまったんだと思います。

それはプリキュアとしてなんのために戦っているのか、という話になります。ダルイゼンみたいな自分の都合で大勢を苦しめるような存在から、みんなを守るために戦っているのに、自分もダルイゼンと同じだとなってしまったらアイデンティティも揺らいでしまう。14歳の少女ならなおさらです。来週、「自分は貴方とは違う」と言えるだけの根拠を花寺のどかには見つけてほしいと思います。そしてダルイゼンに向かって答えをぶつけてほしい。ダルイゼンを救う道を選ぶのか、ダルイゼンには手を貸さないのか。それともいったんは助けるがそのあとに改めて決着をつけるのか。

ヒープリの結末としては、キュアグレースとダルイゼンにはいずれ一騎打ちで決着をつけてほしいかなと思います。キュアグレースには自分の病気を自分の力で克服したと胸張って言えるように、ダルイゼンには自分が生きていくために、互いの存在をかけて決着をつけてほしいと、個人的には思います。

機界戦隊ゼンカイジャー!

お久しぶりです。なかつhttps://twitter.com/naka_two_14 )です。

昨日1/15の正午にスーパー戦隊シリーズ45代目の作品となる機界戦隊ゼンカイジャーの制作発表が行われました。僕自身は制作発表を見ることができなかったわけですが、なにやらすごいことになっているようで。3/7(日)の放送開始が楽しみになってきました。

今回はこれまでに発表されているゼンカイジャーの情報を受けて感じたことをまとめようと思います。

デザイン面から行きましょう。12月にゼンカイジャーのデザインが発表されたとき、度肝を抜かれたように感じました。まずセンターが赤くないこと。戦隊シリーズと言えばセンターがレッドなのが通例だったわけですが、ゼンカイザーはどちらかというと白い。これは掟破りだと。その一方で、体のセンターラインには赤色もかなり使われていて、レッドっぽさもあります。イエロー、グリーン、ブルー、ピンクのラインも入っていて、「戦隊五人の力を合わせる」のようなコンセプトが見て取れます。一見戦隊っぽくないですけど、よく見ると戦隊なんだということを感じています。

それから、仲間四人がロボであること。戦隊作品といえば(作品によって人数は違いますが)「全身タイツ五人組」なわけですが、ゼンカイジャーの仲間四人はその質感がない。まさしく戦隊巨大ロボを等身大にしたものなわけです。今までも人間の姿が存在しないロボ系の仲間はいましたが、彼らも変身したら全身タイツに近い質感になります。一方ゼンカイジャーの仲間四人はむしろ、変身したらロボよりの質感になるという印象です。これには面食らいました。しかし、戦隊では「30分の終盤では巨大ロボに合体して敵を倒す」という流れが存在しているのは事実で、それを仲間に落とし込むというやり口は、面食らいつつも納得するしかないものだと感じています。

そのため、機界戦隊ゼンカイジャーのデザインは、戦隊シリーズとして見ると一見とても異質に見えて、でもその異質さの中に戦隊を詰め込んでいる、というデザインをしていると考えられます。

 

ただ、12月後半の段階では、ロボ四人が仲間とは言っても、なんだかんだで人間としての姿を獲得して、普段は人間として生活すること(ジュウオウジャーに近い感じ)を想像していました。ところが、昨日発表された声優キャストを見ると、キャリアや人気のある方々なので、人間になることはなさそうかな、あっても一話限りのゲストかな、と思っています。

 

 

機界戦隊ゼンカイジャーの放送開始が3/7なのであと一か月半。楽しみでありつつ、現在放送中の魔進戦隊キラメイジャーが終わってしまうことを寂しく思いつつも、まずは45作目を応援していけたらなと思います。

 

ヒーリングっど❤プリキュアは最終章へ向かう

お久しぶりです。なかつhttps://twitter.com/naka_two_14 )です。

明日1/108:30から、ヒーリングっどプリキュアの第39話が放送されます。2021年に入って初めての放送です。こちら(『ヒープリ』第39話より先行カット&あらすじ公開! | アニメイトタイムズ (animatetimes.com))であらすじを読む限り、いよいよ最終決戦に突入するのだと思われます。昨年末には次作「トロピカル~ジュプリキュア」の情報も公開されているので、「ヒーリングっどプリキュア」の物語の終わりが近いことを予感させます。

 

そこで今回は個人的に期待する終盤の展開について書いていきたいと思います。主に敵幹部であるダルイゼンたちの行く末についてです。

近年のプリキュアでは、序盤~中盤から登場していた敵幹部とは最終決戦の前後までに和解し、ともに黒幕に立ち向かうことが多いと思います。僕の知ってる範囲で言えば、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のリオ君とビブリー。「HUGっと!プリキュア」のチャラリートやパップルさん、あとDr.トラウムも入るでしょうか。あと「スター☆トゥインクルプリキュア」のカッパード、テンジョウ、ガルオウガ。黒幕に立ち向かうとき、プリキュアは彼らとともに戦っていました。

しかし今年はそのような展開になる予兆がありません。ビョーゲンズは人間と共存する気などなく、地球が苦しむほど気持ちがいいという者たちです。プリキュアとは分かり合えない存在として描かれているように感じます。バテテモーダもネブソックもケダリーも、割と容赦なく浄化=消滅させられたように感じています。物語としての一貫性を保つのであれば、ダルイゼンたちとも真っ向から戦い浄化する、という結末に落ち着いてくれると嬉しいと思います。

また、主人公花寺のどかの過去の病気の原因はダルイゼンでした。体からダルイゼンが出て行ったからのどかは元気になれましたが、それは病気が真に完治したとは言えない状態です。花寺のどかがするべきなのは、自分の手で病気と闘い完治させる=ダルイゼンの浄化なわけです。

つまり、ダルイゼンたちの結末は、近年多くみられるプリキュアとの和解ではなく、プリキュアと戦い決着をつけること。そうなってくれると僕はうれしいと思います。

 

最終決戦が近づいてきました。残り7話、ヒーリングっどプリキュアがどのような物語を描いてくれるのかを見届けていきたいと思います。

 

 

 

2021年になったのでプリキュアを制覇したい

初めまして。「なかつ」と申します。プリキュアシリーズや平成仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズ、それからまんがタイムきらら作品などが好きで、Twitterのこちらのアカウント( https://twitter.com/naka_two_14 )で時々その話をしています。(更新頻度は日曜朝以外低いです)よろしくお願いします。

 

2021年になったのでブログでも始めてみようかなと思ったわけですが、長い文章を書くのがあまり得意ではないので、変な文章だったり更新が滞ったりしたら申し訳ないですが、まったり続けていけたらなと思います。

 

冒頭にも述べたようにプリキュアが好きなんですが、見たことがあるプリキュアってのは魔法つかいプリキュア以降だけなので、そのうち初代から順に見ていきたいなと思っていたんですね。そう思っていたら先月、dアニメストアプリキュアの配信タイトルが大量追加されまして。配信されていないタイトルはどうしようかなと悩んでいたのですが、dアニメストアで見ればよくなりまして。年も明けたのでそろそろ少しずつ見ていこうと思います。

今から一日一話ずつ見ていけばおそらくプリキュア20周年の頃にはプリキュアシリーズ全話制覇できるのではないかと考えているので、今年はとりあえずハートキャッチプリキュアあたりまで見れるといいかなと考えています。

感想なんかも記事にしていこうと思いますので、よろしくお願いします。