ニチアサ観察日記

主に戦隊とプリキュアについて書いていこうと思います。現在暫定運用です。

デパプリ放送再開です!

一週間ぶりです。中2です。Twitterはこちら。フォローしていただけると嬉しいです。

twitter.com

 

毎週日曜日朝8時30分といえばプリキュア。それは18年前からずっとそう。もちろんゴルフとか駅伝とか年末年始とかオリンピックとかで放送休止となる週もありますが、18年以上もの間ほぼ毎週プリキュアは放送されています。幼女先輩の明日の希望。一般市民の心のオアシス。それがプリキュアです。一週間はプリキュアに始まりプリキュアに終わるという人も多いはず。それほどまでにプリキュアは僕らの日常に溶け込んでいるのです。

3/11の昼頃にデパプリ6話放送延期が発表されました。東映アニメーション不正アクセスを受けてその影響でシステム障害が発生したため、プリキュアの新規エピソードが放送できないため、3/13は急遽第4話の再放送となりました。

その時の心の叫びです。

naka-two-14.hatenablog.com

3/13の第4話の再放送の後三週間ほどなぜかはぐプリの映画が放送され、その後先週は第5話が再放送され、ようやく新規エピソードが放送できたのが今日4/17です。当初は1週間か2週間ほどで放送再開されるだろうと踏んでいましたが、影響は大きかったようで再開まで5週間かかっていました。不正アクセスによるシステム障害って思ったよりも復旧に時間がかかるんですね……。ランサムウェアにやられたという話もありますが……、不正アクセスって怖いですね。

新作が放送できないというのは2年前のヒープリのときにもありまして、2か月ほど再放送となったことを思い出します。そのときは世の中がそういう風潮だったというのもあり、アニメーション制作も停止する可能性も感じていたので、仕方ないなぁとは思っていました。が、また1か月半待たされる事案が発生するとは。個人的に最近ちょっと忙しかったり大変なことがあったりしているので、プリキュアが1か月新作やらないとなるとちょっと辛かったです。確かに期間で言えばヒープリのほうが長かったのですが、2年前はそれほどでもなかったので。

 

批判的なことを言わせてもらうと、再放送期間の5週間のうち真ん中3週間ではぐプリの映画をやったのが個人的に謎に感じています。なぜ今はぐ映画だったんだろう?人気作なのはわかりますが……。現状で最後のオールスター作品なのも分かりますが……。結果ありきで言えば、ちょうど5週間なのでデパプリを1話から順に流せばよかったんじゃないの、という思いはあります。あくまでも結果論ではありますが。

そういうことを考えると、2年前の戦隊である魔進戦隊キラメイジャーの総集編は天才的だったと思ってしまいます。振り返りをしながらも相棒キャラのキャラクター性を魅せてきたり、敵キャラにスポットを当てて描写してきたりでキャラクターたちの解像度がかなり上がる構成になっていたので。勿論特撮とアニメーションではできることが違うのでプリキュアで同じことをやるのは難しいのだろうとは思いますが。でもまぁオーディオコメンタリーとか入れてくれたらぼくは喜ぶかもしれない。でも主要視聴者である幼女先輩は喜ばないのかなぁ……

 

それにしても6週間ぶりにプリキュアの新規エピソードを見るとキュアグレース先輩みたいに「生きてるって感じ~」って言いたくなりますね。キュアサマー先輩みたいに「トロピカってる~」って言いだすかもしれない。キュアスター先輩よろしく「キラやば」かもしれない。でも「生きてるって感じ~」と一番言いたい。

さて、今日はエビフライを食べに行こう。