ニチアサ観察日記

主に戦隊とプリキュアについて書いていこうと思います。現在暫定運用です。

サトシ君、はやくこっち来ないかい!?(ゼンカイジャー29カイ感想)

皆様お久しぶりです。中2です。

ツイッターはこちら。フォローしていただけると嬉しいです。

 

今日9/26(日)は機界戦隊ゼンカイジャー第29カイ「王子のねらい、知ってるカイ?」の放送がありました。

テニスワルドが街の人々をテニスボールに変えてしまう事件が発生。そしてヤッちゃんもテニスボールにされてしまいます。しかしテニスワルドにはテニスでしかダメージを与えることができない。ヤッちゃんを助けるためにも、テニスの特訓をするしかない。テニスを漫画で読んだというゾックスの指導の下、テニスで相手をKOすべく特訓していきます。崖を登ったり、居合いをやったり、滝に打たれたり。特訓中の一同をステイシーが物陰から観察しています。「あいつら、何をしているんだ」と。そんな彼の脳裏には、母親と一緒にテニスをしていた幼き日の記憶。

テニスワルドが街で暴れる中、テニスの特訓を終えたゼンカイジャーが止めに来ます。「望み通り、テニスで勝負だ!」テニスワルドVSゼンカイジャーのテニス勝負が始まります。しかしゼンカイジャーは予測不能なテニスワルドのテニス攻撃に為す術もなく。最後に残った介人&ゾックス。分身したテニスワルドとのダブルス対決になります。スーパーツーカイザーに変身したゾックスの分身スマッシュでいいところまで追い詰めますが力及ばず。そこに現れたのはテニスウェアを着たステイシー。本人は「サトシだ!」とのこと。テニスワルドのテニス攻撃を、基本に忠実なパーフェクトテニスで迎え撃ちます。「テニスは好きだが、お前は嫌いだ」の言葉とともに放った打球がテニスワルドの仮面を剥がします。これでテニスワルドにテニス以外の攻撃も通じるように。ゼンカイジャーが変身し、名乗りながらの必殺技でテニスワルドを撃破します。サトシのおかげで勝つことができた今回。「お前たちのためじゃない。次会う時は覚悟しておけ」とステイシーは言いますが、介人は「ヤッちゃんのためだよね、ありがとう」と感謝しますし、「面白いとこあるじゃん」とゾックスは面白い認定します。

 

f:id:naka_two_14:20210926154357j:plain

ゼンカイジャーチームの助っ人として参戦するサトシ(ステイシー)

元の姿に戻ったヤッちゃんに「今日はサトシのおかげで勝てた」と伝えます。「またお店にも来てくれるんじゃないかな」と。一方トジテンドに戻ったサトシもといステイシーには新たな実験兵士ハカイザーが待ち受けます。

 

なんとも某テニスの王子様ネタやら某エースをねらえネタやらが満載らしい今回のゼンカイジャー。自分はあまり元ネタをよく知らないので「何か元ネタあるんだろうなぁ」くらいの気持ちで笑って見ていましたが、TwitterのTLに流れてくる元ネタを知っているであろう方々のツイートを見ていると非常に楽しそうだったのでちょっと羨ましかったようにも思います。

 

今回のゼンカイジャーで印象的だったのは、ステイシーがゼンカイジャー側に立ってテニスワルドと戦ったことです。ステイシーはあくまでもトジテンドの兵士であるため、テニスワルドを倒そうとするのは裏切り行為に当たります。それでもヤツデを助けるために介人たちに手を貸したんですね。ステイシーにとってヤツデはステイシーの人生の中で数少ない、愛情を受け取ることができる相手だと思います。幼少の頃に失った母親に次いで二人目だと思う。母親を失って以来、怨みとか憎しみとか怒りとかそういう悪意だけに囲まれて生きてきたのではないか。だからヤツデにはどうしても情を抱いてしまう。自分にとって数少ない、心安らぐ相手なんですね。以前カラフルでおやつを食べているときのステイシーが、主人公と命のやり取りをしている悪の戦士とはとても思えないような、本当に好青年という表現が似合う表情をしていたことからもそう感じます。ステイシー的にトジテンド側の兵士として動くよりも、心安らぐ相手であるヤツデを救うことが上回ったので、テニスワルドと戦ったんだと思います。(ヤツデを助けるために戦うので、「サトシ」を名乗っています。)前々回のいろんな世界を巡ったカイもそうで、逃げた美都子博士(実際はマジーヌの変装)を見逃すシーンも、そうすればヤツデのためになるということが分かっているから、ということだったんだろうなと思います。

一方、介人に対してはそうはならない。ヤツデを悲しませることになるとしても、五色田介人を倒す決意をする。たぶん出会い方の違いだったのかな。両親が行方不明になっていても前向きに生きている五色田介人が理解できなかったんだと思います。母親以外から情を受けてこなかったステイシーにとって、仲間からの信頼も諦めない不屈の精神も人々を守るということも理解することができない。理解できないことがステイシーの苛立ちになる。あるいは同じように母親を失って悪意の中で生きてきた自分自身を否定されたように思っているのかもしれない。先にそういう出会い方をしてしまったから、倒さなければならない相手だという意識が先行する。介人を倒すことに自分の存在意義を感じている可能性がある。先に出会ったのがヤツデだったら、こうはならなかったのかもしれないと思います。

でもゼンカイジャーを見ていれば分かると思いますが、介人ってすごく真っ直ぐなんですよ。既にステイシーと仲良くできればいいと思っている節もある。キカイノイド4人だって、介人が認めるなら認めますよ。ゾックスだって今回面白いところがあるとステイシーを認めていました。ゾックスの評価基準は「面白いか面白くないか」ですからね。だからゼンカイジャーがステイシーを迎え入れるのはそう難しくないと思うし、ステイシーにとってはトジテンドなんてやめてゼンカイジャー側についちゃった方が幸せだと思う。トジテンドに対して「何故僕は今までこんな奴らのところに居たんだろう」みたいなことを言ってくれるといいと思います。

だからステイシー君はゼンカイジャー側に来よう!サトシがゼンカイジャーと一緒にアホなことやってるの、僕は見たいです。