ニチアサ観察日記

主に戦隊とプリキュアについて書いていこうと思います。現在暫定運用です。

オリンピックワルド、居そう。

皆様お久しぶりです。中2です。

ツイッターはこちら。フォローしていただけると嬉しいです。

 

今日は日曜日なのでいつもならトロプリとかゼンカイジャーとか見ているのですが、本日7/25はオリンピックの中継があるのでプリキュアも戦隊も放送がありません。トロピカれない!お休み全開だ!

 

それにしても機界戦隊ゼンカイジャーの敵であるワルド、何でもありですね。こちらnaka-two-14.hatenablog.comの記事でリサイクルまでのワルドをまとめてますけど、その後もレトロとかレンアイとかトウメイとか本当にバラエティに富んだワルドが登場しています。この何でもありっぷりを見ると、「オリンピックワルド」なるワルドがゼンカイジャー世界に居てもおかしくないと思わせられます。いやむしろオリンピックワルドは絶対にいます。放送されていないだけで。

オリンピック回では、オリンピックワルドが唐突に登場して「世界をオリンピックに変えてやるオリンピック」とか言います。オリンピックパワーが発動するとゼンカイジャーや一般市民の皆さんが野球とかサッカーとか柔道とか体操とかボクシング(ボクシングは第4カイでやってますけど……)とかを自分の意志とは無関係に始めてしまいます。ゼンカイジャー世界の住民は適応力が異様に高いので、高得点が出たりすごい技が飛び出したりすると、見物人がたくさん集まってきて拍手し始めるんだと思います。あとブルーンは「ややっ!〇〇とはどういうルールなのですか??」と聞いてきます。ややマイナーな種目だとなおよい。ですがオリンピックパワーが強まったときには目の前の人をボールだと思い込んで蹴ったりバットで殴りつけたりするかもしれません。流石に絵面的に問題がありそうですが。それでゼンカイジャーが現れて倒されるって感じ。

戦隊の敵モチーフが分かりやすい&バラエティが豊かだと、戦隊の放送がない週も「こんな怪人居そうだなぁ」みたいに想像できて楽しいですよね。去年のキラメイジャーの邪面師でも、駅伝で放送がお休みになった回なんかは「駅伝邪面とか絶対いるよなぁ」と思っていましたから。駅伝邪面の回は瀬奈お嬢様が活躍する回なんですきっと。ちなみに駅伝と並んで放送がお休みになるゴルフに関しては、ゴルフ邪面の回は実際に放送されました(キラメイジャーエピソード35参照)。もしも本来の予定通り昨年にオリンピックが開催されていたら、オリンピック邪面(あるいは五輪邪面)なる怪人を考える人いたんだろうなぁと思います。若しくは、本当にオリンピック邪面が本編に登場していたのかもしれないですね。リュウソウジャーのマイナソーは空想上・伝説上のモンスターがモチーフとなっている以上オリンピックマイナソーは難しそうですけど、宿主がオリンピック選手でスランプになっているところをクレオンに狙われて……とかはありそうです。ありそうですけど、オリンピックではなくともそういう感じの回が本編にあったような気もします。

 

新しい話を早くみたいとか、脳味噌がゼンカイ成分を欲しているとか、そうなるのはゼンカイジャー視聴者である以上当然であると思います。ですが放送されないことに文句を言っても仕方ないと思います。文句を言ったら急遽放送されるようになるわけではないし、もう1週間待てば次の話が放送されるわけですし。撮影・制作サイドもかなりハードスケジュールでやっているという話を聞くこともあるので、たまに放送がない週があるのも然るべきと個人的には思っています。それでも戦隊の場合1年で52週間あるうちの48週は放送があるわけですし。その放送がない週には、「こんな怪人居そうだなぁ」とか「居たらこんな話になりそうだなぁ」とか妄想してみるのも楽しいと思います。