ニチアサ観察日記

主に戦隊とプリキュアについて書いていこうと思います。現在暫定運用です。

ふたりはプリキュア & ふたりはプリキュアMaxHeartについて

皆様お久しぶりです。中2です。

ツイッターはこちら。フォローしていただけると嬉しいです。

正月明けくらいからほとんど毎日ふたりはプリキュアふたりはプリキュアMaxHeartを見てきたのですけど、ひと通り見終わったのでまとめたいと思います。主にキャラクター関連になります。

なぎさとほのか

所謂「8話」までのお話です。美墨なぎさ雪城ほのか。同じクラスだとしても、片方はラクロス部のエースで、もう片方は科学部の蘊蓄女王。そしてそれまでほとんど会話すらしたことのない関係の二人。特に中学生だとクラスの中に話したことない人って人によっては結構いるということも多いんじゃないかな。そんな二人がいきなり組んで悪と戦えと言われても、という部分ってあると思います。

ですから、7話までのなぎさってほのかに結構遠慮している部分があると感じました。友達ってわけじゃない。同じ世界の住人じゃない。ある意味どうでもいい相手、というと過言かもしれませんが、なぎさにとってのほのかって、そんな感じだったのかもしれません。初代プリキュアの8話ってとても有名なので、実は見る前からあらすじを聞いた事がありました。だからこそ余計に感じたことです。

ただ、ほのかから見たなぎさって、少し違うように見えました。どちらかというと、なぎさともっと友達になりたい、というのが早くから見えていた気がします。それはほのかの物知りな面が関係している気がします。物知りっていうのはいろんなことに興味を持つことができた結果ですからね。だからせっかく一緒にプリキュアやってるんだから、もっといろんな面を知りたい、ってなったのでしょう。8話の仲直りシーンでも、先にアプローチするのはほのかの方なんです。

そのあとふたりはすごく仲良くなる。胸張って親友と呼べるような関係になる。

美墨なぎさってすごく明るくて活発な感じがしますけど、実は打たれ弱いところがある。雪城ほのかは一見すると知的で物腰柔らかな印象を受けますけど、実は頑固なところがある。2人ともそういうギャップを持っていますけど、それがうまい具合に組み合わさっているような感じを受けます。MaxHeartの9話(部活の後輩になぎさは強く言えなくて、ほのかは強く言いすぎてしまう回)なんかはその典型で、そんなふたりだから組んでプリキュアできているんだと思います。

 

メップルとなぎさ

メップルとなぎさの距離感も、僕が「プリキュア妖精」に抱いていたイメージとなんだか違っていてすごく面白いと思います。プリキュア妖精っていうと、主人公がプリキュア妖精と出会って困惑しながらも妖精が可愛いのですぐに仲良くなるイメージを抱いていました。でもメップルの場合はなぎさが困惑しているばかりでしたし、二人はしょっちゅう喧嘩しています(だいたいメップルが余計なことを言うからですが)。いきなりやってきて「お世話をするメポ!」「虹の園を守るメポ!」って図々しいですよね。でも喧嘩ばかりしていても、メップルが風邪をひいたときはすごく心配するし、ピンチの時はすぐ助けるんですね。半年、一年、二年と時間を積み重ねることで互いを信頼していくようになるんです。

ポルン

最初はすごくわがままだったのに、だんだん可愛く見えてくる不思議。初代の中盤で登場してからすごくわがままで、自分の思い通りにいかないことがあれば駄々をこねて大泣きするポルン。登場初期はまるで幼稚園児みたいにひたすらわがままだし、なぎさも手を焼いてるんですね。でもしばらく経ってくるとそこに愛嬌を感じるようになってくるんですよね。そしてどんどん可愛くなる。プリキュアがピンチになると「光のパワーを受け取るポポ!」と言って力をくれる。幼稚園児みたい、と上述しましたけど、本当にそのくらいの歳の子みたいに純粋なんです。自分と一緒に遊んでくれるプリキュアメップル&ミップルのことが大好きで。プリキュアにはやられてほしくないと思っていて。わがままなのが先に見えちゃうので少しわかりにくいですけど、すごくプリキュアを応援しているんですね。

でもMaxHeartでひかりがお世話をすることになったときには、「大変そうだなぁ」と思いました。

九条ひかり

MaxHeartで登場する九条ひかり。登場してすぐはすごく不思議な子だと思いました。それで、話数を重ねていくにつれて、すごく優しい子だという印象を持ちました。優しくて、周りの小さなことにもよく気が付いて。でも後半になるとそのせいで抱え込んでしまうところもかなり出てきたと思います。ポルンやルルンも心配しますけど、「大丈夫」としか答えない、そんな危うさ。明らかに大丈夫じゃなさそうなのに、「大丈夫」としか答えないのは優しさなのか弱さなのか。終盤になって自分を狙って襲ってくる敵のことを、目の前の謎の少年にとっての大切な人だと言うシーンがありますけど、そのくらいには、純粋な子なんだというのが分かって、そのときようやくひかりが分かった気がしました。

 

あとシャイニールミナスは戦力というよりも護衛対象なので、あまり強くないという印象は受けましたが、彼女の役割はプリキュアの必殺技発動の援護なのでまあ……。

 

というわけでふたりはプリキュア & ふたりはプリキュアMaxHeartを見てきました。今週からSplash☆Starを見ています。年内にハートキャッチプリキュアくらいまで見れるといいなぁ。